専業「主夫」が急増?

9月16日、ネットニュース(読売)より

私は外で男同様に働きたい、そう思っている女性には朗報かもしれない。

厚生労働省の集計によると、2003年度の国民年金「第3号被保険者」の男性の数が8万人を超えたという。これは、1996年度の2倍だそうだ。同省によると、今後7年間で更に倍になるだろうとの見通しを明らかにしている。

国民年金全体における第3号の割合自体は減少傾向にあり、女性の社会進出に伴って今後も減少するのではないかと言われている。

これまで専業「主婦」を想定していた国民年金の第3号。今回のように専業「主夫」が増加した背景には、家族、そして男女のあり方に変化の兆しが現れているということではないだろうか。

第3号全体の割合が減少しているのは、やはり働く女性の増加に起因しているといえるだろう。当然、働くことを希望してはいないが、経済的理由により勤めに出る女性も少なくはない。しかし、理由の是非はともかく、外で働く女性が増加していることは紛れもない事実。そんな中、専業「主夫」が増えているということは、今後養われる男性が増えるということを意味する。

収入の有無、または賃金収入の高低によって、家庭内における男女の立場に違いがないかといえば、それは有るといっていいだろう。大なり小なり、発言権、決定権などに影響を与えていると思われる。

外で働き、家計を維持する女性、子育てと家事で家庭を維持する男性。
このような家庭が増えるということは、文化そのものに影響を与えるだろう。
今後、少しずつではあるだろうが、社会における女性の役割は変化していくに違いない。


↓今日もポチいただけると励みになります
Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2004-09-17 00:39 | 社会
<< 世界の人口89億人に 観戦マナー教育 >>