怒心頭、震災おれおれ詐欺

安否情報を悪用し、被災者へ送金装う電話があったという話(読売新聞-10月26日)。

怒り心頭である。新潟県中越地震の被災者に安否を連絡するよう伝えるテレビ番組を悪用したとみられる「おれおれ詐欺」が、東京都江戸川区内であったことが26日わかったという。

NHKの番組で新潟県内の親族に連絡を求めていた同区の女性宅に、25日午後0時半ごろ、男の声で「被災者をまとめ、振り込みの依頼をしたり、お金を下ろして届けたりしている。(女性の親族が)お金を必要としているので振り込んでほしい」と電話があったというのだ。女性がこのことを不審に感じ、「どこの方ですか」などと聞くと、「消防です」と答え、電話を切ったとのことで、女性が近くの同消防署へ出向いて相談し、振り込みをやめたそうだ。よって、実害が無く済んだから良かったものの、それにしてもひどい話だ。

テレビで被災地や被災者を見て、金を騙し取ろうなどと考えること自体信じられない。親族の心配する気持ちを利用する下劣で卑劣な犯罪。未遂で終わったにせよ、その行為自体に相当の酬いがあって然るべき。本当にボランティアをしている人にも非常に失礼なはなしである。

怒りが収まらない。

Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2004-10-26 15:11 | 社会
<< ドアノブに、「小指」入り小瓶 災害へ対する意識の強化 >>