甘すぎる医師の業務停止

わいせつ・覚せい剤…業務停止医師の7割が現場復帰(読売新聞-11月11日)。

医師の業務停止、そして現場復帰はこれほど甘くていいのか。公共性が高く、また人命を預かる身である医師の信頼性にも関わる問題だ。

ニュースによると、「2002年度までの5年間に医療事故や不正行為で業務停止の行政処分を受けた医師114人のうち、約7割の80人が、業務停止期間の終了後、医師として医療現場に復帰していた」ことがわかったという。

現行制度では、処分期間が過ぎれば、医師は再教育を受けることなく、そのまま医業に復帰できるらしい。医療事故の多発や、ミス・不正を繰り返す「リピーター医師」の社会問題化を受け、厚生労働省は来年度から再教育制度を試験的に始める予定だとか。

この行政処分を受けた114人のうち、医療事故を起こして業務上過失致死・傷害罪が確定したのは13人で、このうち12人が病院や診療所などの現場に復帰。わいせつ罪では13人中全員が、覚せい剤取締法違反では7人中6人が医師として再び働いていたというのだから、開いた口がふさがらない。

医療ミスや事故に関してはさておき、不正やわいせつ、覚せい剤で逮捕された場合は、医師免許剥奪くらいの厳重な処罰を願いたいものだ。政治家か医者くらい、犯罪を犯しても社会復帰が容易な職業はないのではないか、と思わされる。まじめに働く医者は大迷惑な話だ。

権力と金のうごめく世界は、全くもって理解不能だ。

Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2004-11-12 15:56 | 社会
<< パソコンで千円旧札偽造、中学生9人 命の選択-学会除名の医師- >>