リピーター増へ新目標-外国人客来訪促進へ計画案-

「また来たい割合」、80%に目標設定というニュース(毎日新聞-1月14日)。

これは、北海道のニュース。このニュースによると、高橋はるみ知事の諮問機関「道観光審議会」は、外国人観光客の来道を促すための「北海道来道外客来訪促進計画案」をまとめたという。観光は冷え切っている道内経済の活性化につながる産業だとして、「また北海道に来たいと思う観光客の割合」を80%に設定し、リピーター客の増加を目指すという。

北海道を訪れた外国人観光客は毎年増加しているうようで、昨年度は約29万人だったとか。現行計画の目標であった20万人を大きく上回った数字ではあるが、2002年にまとめた「観光のくにづくり行動計画」では、目標とする外国人観光客数54万人。まだまだ目標へ達成は遠い。そして、観光客が「サービスに満足した」と感じた割合を80%とし、目標達成のためのリピーター確保に重点を置いたようだ。

北海道が2004年実施した調査によると、台湾や香港など4地域から訪れた観光客の20~30%がリピーターだったという。また、答申案は、外国語に対応できるホームページの充実、観光産業従事者への外国人接遇研修、東アジアを中心とした観光プロモーション活動の展開などなどの具体策を提言しているとのことだ。

今年も大学生の就職率が、北海道は他の地域より非常に低かったことからも、北海道経済が未だ停滞状態であることがうかがえる。北海道は札幌以外で観光客を集客するには、どうしても自然や温泉、食事などがメインになるように思う。その中で、外国人観光客をどこにどのように集客していくのだろうか。

以前、宿泊した温泉旅館では従業員が言ってた。「本当に台湾や香港のお客さんがおおいんですよー」と。しかし、その後こうも言った。「でも、向こうの人は、お金を落としていかないんです」と。これは、別に財布を落とすわけではない。お土産や飲食など、別のものにお金をほとんど使わない、という意味だ。

集客あっての観光客。80%の人に満足してもらえる代わりに、やはりその地域で何かお土産を買ってくれるようなそんな環境も必要ではないか。私は道民なので、ぜひ多くの人に来てほしいと思う。

道観光審議会の今回の案に、より地域の活性化が促進するような計画を作り、実行していただきたい、と心から願う。

⇒Blog Rankingに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2005-01-15 12:47 | 社会
<< 常用漢字、増えるの?減るの? 頑張れ!ツナミちゃん >>