愛国心教育を・・・

国民の「国を愛する気持ち」をもっと育てる必要があるとする人が8割を超え、過去最高を記録した、というニュース(産経新聞- 4月10日)。

内閣府がまとめた「社会意識に関する世論調査」で、愛国心教育が必要だと答えた人の割合が8割を超えたことが9日分かったという。政治的には、自民、公明の与党両党に将来の教育基本法改正で「国を愛する心」を盛り込むかどうかで意見対立があるようだが、こうした論議にもなにかしらの影響を及ぼしそうだ。

このニュースによると、「国を愛する気持ちを育てる必要を感じる人は、過去最高だった前回平成16年をさらに0・5ポイント上回る80・8%」で、「『必要ない』との答えは10・4%にとどまった」という。男女とも高い年齢層に「必要」との回答が多く、70歳以上の男性では90・7%に達したらしい。


さて。
今、中国にいる私は、この「愛国心」という言葉を素直に受け入れられない。このところ、反日デモが続き、とうとう怪我人も出た。その怪我を負わせた中国人も、この反日デモの参加者も、みな「愛国心」をもって行動している。その愛国心がどのようなものであれ、国を愛していることにはかわりが無い。

暖衣飽食の時代が長く続いた日本は、その豊かさゆえに、国としての日本を、霞の向こうにある他事として捉えているのかもしれない。そう考えると、日本人の「愛国心」は、確かに薄れているともいえなくない。

国民性形成の心底に、私は教育があると思う。人格形成にすら多大なる影響を及ぼすであろう教育に、「愛国心」を盛り込む時、それはどのような姿をなすのだろう。時代は平成、決して戦時中の「愛国心」ではないが、私はこの言葉をなぜか素直に受け入れられない。

なぜなら、「国を想う気持ち」と「愛国心」は別物だと思うのだ。それは、前者が深層で息づくものであるのに対し、後者は国家が表層で作り上げるものだと考えるからだ。これらは、「文化」に相通ずるところがあるように感じる。

しかしながら、愛国心が必要だと答えた日本人が増加したことは事実。どうか、歪んだ愛国心を植え付け、洗脳することだけは避けて欲しいと切に願う。日本人は大丈夫、と安心はできない。教育とは、恐ろしいものだ。中国の現状を見て、そう思う。

わずかではあるが、憂国の情を抱かせたニュースだった。



⇒Blog Rankingに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2005-04-11 08:58 | 教育
日本の2030年の姿 >>