カテゴリ:中国( 4 )

アジアの主導通貨を「元」に

日本の「円」では不十分、アジアの主導通貨は「元」だ、というニュース(時事通信-3月12日)。

中国の新聞社などが報じたところによると、北京で開会中の中国国政助言機関、人民政治協商会議の委員らが、急成長を続ける中国の通貨の名称を「人民元」から「中国元」に改め、更に「アジア元」としてアジア地域の主導通貨にするよう提案したというニュースだ。

これによると、「中国の貿易や観光業が拡大する中、人民元は既に『環中国圏』に流通している」、「アジアでは日本経済が低迷を続けており、日本円の利率は変動が激しい」などの理由で、「円」ではアジアの主導的貨幣になるには不十分だという。それに変わって、「中国元」がアジア地域の主導通貨になりうるとのことだ。

さて、いかが思う。中国は確かに今急成長をしている。ここ東北地方に住んでいても、活気を感じるし、また日本人とは異なるなんともいえぬエネルギーが伝わってくる。しかし、それは一部の話だ。

そもそも、ODAはどうなった。中国の急成長は認めるが、あまりに側面的ではないか。現状ではどれだけ日本の景気が低迷しているとはいえ、まだまだ世界第2位の経済大国である。現状では、アメリカと日本のGDPを合わせると、世界の50パーセントともいわれている。2015~2020年には、中国が日本を抜くだろうという予測もあるが、今はまだ日本の「円」に軍配ありではないか。

中国が日本を抜き、更にはアメリカを抜いて世界第1位になる日が来る可能性は否定できない。しかし、この話題は少なくともあと5年先までわからない。ちょっと早すぎる提案ではないか。そんな気がする。

中国のこの提案があまりに政治的で納得いかないのは私だけか。


⇒Blog Rankingに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2005-03-12 17:26 | 中国

中国語拡大作戦

中国語、1億人に普及へ、というニュース(時事通信-1月26日)。

中国政府は、中国語を本格的に海外へ普及させ、世界との懸け橋にしようという「漢語橋5カ年行動プロジェクト」を認可したというニュースを、先日ネットニュースで見つけた。今後数年以内に中国語専門学校「孔子学院」を世界に100校設立する構想を打ち出し、海外の中国語学習者を現在の約3000万人から、北京五輪直前の2007年までに3倍以上の1億人に拡大させる計画だという。

中国は言うまでもなく今急速な経済発展をしている。昨年のGDPも目標の7%を超え、9.5%だったころからも、中国のある種の勢いを感じずにはいられない。中国にいると、その活気にも近い人々のエネルギーを感じる。

そして、今回のこのニュース。現在、日本など各国で中国語ブームが起きている。中国政府としても、世界に中国語を浸透させることで、中国の存在感を高めようという国家戦略があるようだ。実は、言語の普及とは恐ろしくもある。言語はコミュニケーションのツールとして有効であるだけではなく、実はその言語の文化を知らず知らず吸収していくからだ。

言語は、文化を下支えに経済も発展させる力があると思う。中国は経済の発展と共に、言語の普及による文化の進出も脅威となるのかもしれない。隣国の中国が本当に力をつけたそのとき、日本はどうなるのだろう。日本に帰ってきて、今の日本に本当に不安を感じる毎日だ。

⇒Blog Rankingに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2005-01-29 19:57 | 中国

信用されない広告

中国の広告の信用性は低いようだ。

中国の新華網は7日、上海では健康食品の広告を「信用していない」もしくは「半信半疑だ」と考えている市民が約6割近くに上っていると伝えた。この調査では、健康食品の広告に対する信頼度を5ポイント制で評価し、その結果、平均信頼度が2.63ポイントと、合格ラインにはほど遠い結果となったという。さらに、広告に表示されている内容に対する信頼度を聞いたところ、「非常に信用している」と回答した人はわずか5%弱で、「少しは」が約38%、「半信半疑」「信じていない」が6割近くに達したという。

中国の法律では、健康食品と医薬品が厳密に区別されているようだが、健康食品も血糖値やコレステロールの低下効果があるなどと、消費者に虚偽の情報を与えている企業も後を絶たないというのだから、いた仕方ないのかもしれない。

以前、中国から輸入したダイエット食品を使用した日本人が、死亡者が出たことがあったことを思い出す。広告の信用性が低いだけではなく、商品自体の信用性も低いのではないだろうか、と思うこともある。

こちらにいて、健康食品を購入する気がますます失せる。
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2004-10-08 21:29 | 中国

観戦マナー教育

サッカーの反日行動で、北京五輪の開催地としての資質を疑われた前回のアジアカップ。
今回の一件で、礼儀正しい観戦マナーを呼びかける「北京球迷協会」がこのほど北京で設立されたという。

中国共産党の下部組織などが2008年の北京五輪に向けて北京市民のマナー教育を進めるもよう。この北京球迷協会は12日に正式発足し、メンバーには北京市関係機関をはじめ球技ファン組織など380近くの団体、人気歌手やスポーツ選手も参加したという。北京五輪に向け高い素質をもつ青年を育てるという主旨で、協会を中核に観戦マナーの教育に取り組む考えとのこと。今後は市内に支部を設立し、サッカーのサポーターなど個人会員も積極的に集め、更にスター選手らを招いてのセミナーやイベントを通じて五輪開催国にふさわしい観戦マナーの普及に努めるとのこと。

中国で開かれたサッカーのアジア杯では、中国人サポーターが日本の国歌吹奏中に騒いだり、試合の間も日本選手団や日本人サポーターに激しい罵声を浴びせたりしていた。北京での決勝戦後は、興奮した群衆が日本公使の公用車の後部車窓をたたき割る混乱を招いていた。こうした事態にあわてた中国当局は公式マスコミを通じて沈静化を呼びかけたが、あまりに排外的な態度に北京五輪の開催資格を疑問視する声が海外で広がっていた。協会設立は五輪開催まで4年をかけたファン教育により、国際非難を避けようというものらしいが…。

さて。
この記事を読んで如何に思うか。
長年培われた反日教育という土台の元で、小手先だけのマナー教育が果たしてどれ程の効果を生むのか。疑問を感じるのは私だけではないだろう。
中国に住んでこの反日の根深さをじわりじわりと感じる。そして、教育における影響力と国民性形成に果たす役割の重大さを改めて痛感する。観戦マナー教育の「教育」が如何ほどのものか、そして、このマナー教育の影響力を今後見守りたい。

↓今日もポチいただけると励みになります
Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2004-09-15 22:09 | 中国