カテゴリ:社会( 27 )

日本の2030年の姿

政府の経済財政諮問会議が策定を進めている「日本21世紀ビジョン」の原案が26日明らかになった、というニュース(読売新聞-3月26日)。

2030年の日本の理想的な姿。
ニュースでは「健康で自立して生活できる年齢が現在の『75歳』から『80歳』に延びるなど国民がより豊かで長生きできるようになり、日本経済全体も実質1%台後半の安定成長を維持する」と書かれている。また諮問会議は4月中にもビジョンを最終的に取りまとめる方針で、「大平内閣の『田園都市国家構想』※1や小渕内閣の『21世紀日本の構想』※2に並ぶ長期国家構想に位置づけたい意向」だとか。

原案では、国民生活に欠かせない新たな「三種の神器」として、「質の高い健康サービス」「年齢にかかわらず楽しめる生涯教育サービス」「夫婦が共同で子育てを行うための支援サービス」を挙げているとのこと。現在の状況では、なかなか期待できない「三種の神器」。

また、原案は2030年の日本経済の姿として、実質経済成長率は1%台後半を確保し、1人当たりGDP伸び率も2%を維持しているとした。

さて、自分自身に問うてみる。2030年、自分は何歳になっているか。高齢者の第1歩を踏み入れる時期だ。その時、日本の姿はどうあって欲しいか。国の目指す2030年と共通項はどれほどあるだろうか。

将来に対する漠然とした不安感を抱える人が増えている日本において、この理想の姿に賛同しともに築き上げようと思う国民は、どれほどいるのだろうかと考える。先日の調査で「自分勝手で刹那的な現代高校生」と言われた彼らが、日本社会、経済の担い手となっている時代だ。

非常に個人的な感覚だが、日本人は今、崩れた何万ピースものジグゾーパズルのようだと思う。個々の人生と国の将来が一致せず、ひとつひとつのピースは、決して一つの絵になろうとはしない。そのピースひとつひとつが、全体像の絵を完成するために、心を動かす日がこの25年間でやってくるのだろうか。もうすでに、若者にはそのような意識が低下しているという結果が出たばかり。

個々人が、この国の国民であり、故に自身の生活があるという意識が改善、向上、強化されない限り、2030年の日本像は、絵に描いたもちになってしまうのではないだろうか。政策だけが整ったとしても、個人の国民としての意識が芽生えない限り、難しい問題だと感じる。

そして自分に再び問う。

私は、2030年、どうありたいか。
どんな日本で暮らしていたいか。
中国にいながら、考えてみる。


⇒Blog Rankingに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。


.........................................................................................................................................
※ことば1※『田園都市国家構想』・・・昭和53年発足したに大平内閣において、総理が提唱した構想。日本文化の特質を生かしつつ、工業化文明からの脱却、転換に対応するものとして提唱されたもの。単に地域のあり方を考えるのではなく、新しい国家のあり方を考えるというもので「都市に田園のゆとりを、田園に都市の活力をもたらし、両者の活発で安定した交流を促し、地域社会と世界を結ぶ、自由で、平和な、開かれた社会」を目指す構想。

※ことば2※『21世紀日本の構想』・・・2000年1月、小渕内閣で出された日本の構想。日本の中に潜む資質、才能、可能性を活かすことが日本の将来のカギとなり、「日本のフロンティアは日本の中にある」とうたったもの。「自立」と「寛容」の精神を育てる必要があるとしている。
.........................................................................................................................................
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2005-03-27 12:30 | 社会

リピーター増へ新目標-外国人客来訪促進へ計画案-

「また来たい割合」、80%に目標設定というニュース(毎日新聞-1月14日)。

これは、北海道のニュース。このニュースによると、高橋はるみ知事の諮問機関「道観光審議会」は、外国人観光客の来道を促すための「北海道来道外客来訪促進計画案」をまとめたという。観光は冷え切っている道内経済の活性化につながる産業だとして、「また北海道に来たいと思う観光客の割合」を80%に設定し、リピーター客の増加を目指すという。

北海道を訪れた外国人観光客は毎年増加しているうようで、昨年度は約29万人だったとか。現行計画の目標であった20万人を大きく上回った数字ではあるが、2002年にまとめた「観光のくにづくり行動計画」では、目標とする外国人観光客数54万人。まだまだ目標へ達成は遠い。そして、観光客が「サービスに満足した」と感じた割合を80%とし、目標達成のためのリピーター確保に重点を置いたようだ。

北海道が2004年実施した調査によると、台湾や香港など4地域から訪れた観光客の20~30%がリピーターだったという。また、答申案は、外国語に対応できるホームページの充実、観光産業従事者への外国人接遇研修、東アジアを中心とした観光プロモーション活動の展開などなどの具体策を提言しているとのことだ。

今年も大学生の就職率が、北海道は他の地域より非常に低かったことからも、北海道経済が未だ停滞状態であることがうかがえる。北海道は札幌以外で観光客を集客するには、どうしても自然や温泉、食事などがメインになるように思う。その中で、外国人観光客をどこにどのように集客していくのだろうか。

以前、宿泊した温泉旅館では従業員が言ってた。「本当に台湾や香港のお客さんがおおいんですよー」と。しかし、その後こうも言った。「でも、向こうの人は、お金を落としていかないんです」と。これは、別に財布を落とすわけではない。お土産や飲食など、別のものにお金をほとんど使わない、という意味だ。

集客あっての観光客。80%の人に満足してもらえる代わりに、やはりその地域で何かお土産を買ってくれるようなそんな環境も必要ではないか。私は道民なので、ぜひ多くの人に来てほしいと思う。

道観光審議会の今回の案に、より地域の活性化が促進するような計画を作り、実行していただきたい、と心から願う。

⇒Blog Rankingに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2005-01-15 12:47 | 社会

頑張れ!ツナミちゃん

インド洋大津波で両親を亡くし、タイ・プーケット島の公園に放置されていた男の赤ちゃん「ツナミちゃん」が、タイ王室に引き取られることになったというニュース(毎日新聞-1月13日)。

津波から3日後、プーケット島中心部にある「ラマ9世公園」に、生後2週間ほどの男の赤ちゃんが捨てられているのを、通りがかった人が見つけ病院に連れて行った。そして、この赤ちゃんは、津波とともにやってきたということで、「Tsunami(ツナミ)」ちゃんと名付けられ、病院ですくすくと育っているようだ。発見時、このツナミちゃんは産着姿で、そこには、「両親が津波で亡くなったので、誰か育てて下さい」と書かれていた手紙が添えられていたという。

津波による遺児は、被災国に多くいるが、このプーケットのツナミちゃんは、地元新聞がツナミちゃんの記事を掲載したことからタイ王室の目にとまり、病院に「引き取って育てる」と連絡があったという。

これを不公平だと思うか否か。賛否両論ではないかと想像する。しかし、私はこの記事を読んで、心から「頑張れ、ツナミちゃん」と思った。もともとタイ王室は福祉活動に積極的のようで、今回の津波でも被害の大きかった県などに宿舎付きの学校を作り、孤児たちを引き取ることを計画しているらしい。タイ王室に限らず、このような動きが広がることを祈る。と同時に、このツナミちゃん同様、一人でも多くの遺児が、少しでも幸せに暮らせる環境に恵まれることを心から祈るばかりだ。

頑張れ!ツナミちゃん!

⇒Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2005-01-13 13:37 | 社会

ネズミが2カ国語を区別?

大型ネズミのラットは、話し言葉のリズムやイントネーションの違いから、日本語とオランダ語をある程度区別できることが分かったというニュース(共同通信 - 1月11日)。

スペインの研究チームが10日までに、米心理学会発行の実験心理学専門誌に発表したもので、人間と猿以外の動物が言語を識別できることを立証した結果だ。

同学会によると、このように言語を区別する能力が確認された哺乳類は、人間と猿以外ではラットが初めてとのこと。チームは、実際の言語能力が発達するかなり前に、動物がその土台となる能力の一部を獲得していることを示す結果だとしている。

実験は計64匹の雄ラットを4つのグループに分け、まず日本語かオランダ語か、いずれかの文章を聞いた時にレバーを押すように訓練。その後、さまざまな条件で人の声や合成音声で日本語とオランダ語の文章を聞かせた結果、同じ声で読まれた時には日本語とオランダ語を区別して、レバーを正しく押すことができるとの結果が出たという。

もしかすると、ねずみだけではないのかもしれない。そう思うのは、無知の故の発想かもしれないが、非常に興味深いニュースだ。われわれ人間の言語習得仮説にも様々なものがある。人間の言語習得の初期段階はもちろん子供であるが、その子供がどのように言語を習得していくのか、言語習得というのは先天的なのか、後天的なのか、などなど調べると以外に面白い。

また、第二言語習得に関しても同様に多くの仮説がある。臨界期以前の第二言語習得過程と、我々のような大人のそれとは大きく異なること、また外国人が習得する第二言語と、その第二言語を母語とする子供の言語習得過程にも差異があり、これも面白い。たとえば、日本語の指示詞(こそあど)の研究では、外国人は「これ・それ」を先に習得するが、日本語母語話者の幼児は「あれ」を先に習得するなど。ちなみに、この「こそあど」、日本人の子供が「あれ」を先に習得できるのは、「あ」という指示詞が、もの以外の事柄を指すとき(たとえば昨日教えた「あの」話)、聞き手と話し手の間に、共通の認識が必要になり、子供は母親と多くの共通話題、認識等が存在するからだ。これが、共通文化を背景必要とする話題だった場合、外国人が「あ」を上手に使用できないのも頷けるのである。

ちょっと話が逸れたが、人間における母語の言語習得過程、第二言語習得過程に続き、今後、動物における習得過程の研究も盛んになっていくのだろうか。いや、私が無知なだけで、もうすでに盛んに行われてるのかもしれない。言語習得過程が明らかになると、「バウリンガル」などの商品もより高性能になるに違いない。私の愛猫も、飼い主の言語を習得し、識別できているのだろうか。少し気になる。

ここ中国で中国語を習得できない私の目下のライバルは、ラットになりそうだ。ちょっぴり悲しい。

⇒Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2005-01-11 12:21 | 社会

パソコンで千円旧札偽造、中学生9人

時代なのか。

「警視庁は1日、パソコンを使って千円の旧札を偽造したとして、東京都世田谷区の区立中学2年の少年(14)を通貨偽造の疑いで逮捕し、同じ中学に通う同級生の少年8人(13―14歳)を補導した」(読売新聞- 12月1日)。

最近、青少年の犯罪がはやり目を引く。確実に増加傾向にあるのではないか、と思わざるを得ない。しかも、その内容は大人となんら変わりのないものが多い。この事件もそうだろう。

この少年らは約100枚を偽造し、うち80枚を自動販売機などで使っていたという。警察庁の調べによると、少年らは、逮捕された少年の自宅でパソコンを使い、千円札を偽造するなどしたということだ。

少年らが偽造方法を知ったのは、10月中旬ごろ。ソースは雑誌らしい。偽造の紙幣を作るために、新しいプリンターまで購入し、試行錯誤を繰り返したうえ、11月上旬には、自動販売機でも使える精巧な偽札を作れるようになったという。更に、少年らは偽札を同級生に渡すなどしていたというから驚いてしまう。ただ、そうなれば、当然校内でうわさが広まるということを考えなかったのだろうか。結果、保護者の1人が「息子が同級生から偽札を見せられた」と学校に連絡、同校が警視庁に相談し逮捕となった。

ちなみに、逮捕された少年は、小学生の頃からパソコンに詳しく、「前からテレホンカードなどの偽造に興味があり、偽札を作ってしまった」と供述しているという。

時代がこのような子供を作り上げたのか。いや、時代のせいにするのはあまりに安直だ。家庭環境、教育環境、そして、私たち大人の生活環境自体にも大きな問題があるのかもしれない。ものの善悪を忘れてしまう、そんな時代がやって来そうで末恐ろしい。

Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2004-12-01 14:27 | 社会

甘すぎる医師の業務停止

わいせつ・覚せい剤…業務停止医師の7割が現場復帰(読売新聞-11月11日)。

医師の業務停止、そして現場復帰はこれほど甘くていいのか。公共性が高く、また人命を預かる身である医師の信頼性にも関わる問題だ。

ニュースによると、「2002年度までの5年間に医療事故や不正行為で業務停止の行政処分を受けた医師114人のうち、約7割の80人が、業務停止期間の終了後、医師として医療現場に復帰していた」ことがわかったという。

現行制度では、処分期間が過ぎれば、医師は再教育を受けることなく、そのまま医業に復帰できるらしい。医療事故の多発や、ミス・不正を繰り返す「リピーター医師」の社会問題化を受け、厚生労働省は来年度から再教育制度を試験的に始める予定だとか。

この行政処分を受けた114人のうち、医療事故を起こして業務上過失致死・傷害罪が確定したのは13人で、このうち12人が病院や診療所などの現場に復帰。わいせつ罪では13人中全員が、覚せい剤取締法違反では7人中6人が医師として再び働いていたというのだから、開いた口がふさがらない。

医療ミスや事故に関してはさておき、不正やわいせつ、覚せい剤で逮捕された場合は、医師免許剥奪くらいの厳重な処罰を願いたいものだ。政治家か医者くらい、犯罪を犯しても社会復帰が容易な職業はないのではないか、と思わされる。まじめに働く医者は大迷惑な話だ。

権力と金のうごめく世界は、全くもって理解不能だ。

Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2004-11-12 15:56 | 社会

命の選択-学会除名の医師-

受精卵の段階で遺伝性疾患の有無などを調べる着床前診断を日本産科婦人科学会に無断で実施し、4月に同学会を除名された大谷産婦人科(神戸市)の大谷徹郎院長が、新たに15組の夫婦に同診断を実施していたことが5日、分かった。(時事通信-11月5日)

このニュース、除名された医師が行ったことについて問題にしたいわけではない。問題は、この、着床前診断についてだ。着床前診断は、体外受精卵の細胞の一部を採取してDNAや染色体を調べる方法で、染色体の異常を事前に見つけられる。そのため、流産や人工妊娠中絶を防止できる一方、「命の選択」につながるとの批判もある、とニュースにはある。

さて、どう思う。意見は分極化するだろう。命という観点から見ると、その命を振り分け、不要なものを排除するというこの手法は、不届き千万、以ての外だろう。しかし、同じ命の視点から見たときに、流産を防ぎ、母体への安全性を高めるとしたら、どうだ。出産のためなら、母は死を選ぶべきか。少し飛躍した発想だが、このように考えることも不可能ではない。

出産は、やはり女性にとって非常に大きな問題だと思う。私はまだ出産経験が無い。だから、この着床前診断について、一概に否定できない。なぜなら、自分がもし、検診で流産の恐れが99パーセントといわれた時、どうするか。それは、想像の域を出ないからだ。

頭で理解できることと、心で判断できることのギャップを、現在、母という体験をしていない私には埋めることができない。そして、この自分に選択権を与えられる着床前診断について、あまりに恐ろしく、賛成とも反対ともいえない。

私はものの是非を問いたいのではない。ただ、母の立場、未婚の立場、出産未経験の立場、いろいろな立場で、そして色々な女性の中で意見が対立する問題だと思ったのだ。今日のニュースを読みながら、なんとも複雑な気持ちになった。

Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2004-11-05 22:04 | 社会

新潟地震義援金箱盗まれる

震災オレオレ詐欺に続き、今度は義援金箱が盗まれたというニュース(共同通信-10月28)。

28日午前4時45分ごろ、埼玉県春日部市粕壁の「デイリーヤマザキ春日部駅東口店」で、客を装った若い男がレジカウンターにあった現金約5000円入りの募金箱を盗んで逃げたという。募金箱は27日から新潟県中越地震の義援金用に置いてあったとのこと。

春日部署が窃盗事件として調べているが、男は20歳前後で白と黒のチェックのセーターを着て、仲間とみられるほかの男女数人と来店していたようだ。本を立ち読みしている仲間とともに店員のすきをうかがい、募金箱を盗んだらしい。約2時間後、募金箱がなくなっているのに店員が気付き110番したが、その時にはすでに犯人は逃走。

なぜだろう。日本人の心の貧しさか。貧困で食うものも食われないという人間の犯行ならまだしも、仲間とともにその義援金箱を盗むなんて不届千万。実際のところはわからないが、遊ぶ金欲しさの犯行ではないかと想像する。あのニュースを見て、何も感じないのだろうか?同じ日本人として、怒りと同時に悲しさを覚える。

一日も早い復興を祈ると同時に、この手の犯行がもうこれ以上繰り返されないことを願うばかりだ。本当に遺憾だ。

Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2004-10-28 19:22 | 社会

報道の自由度42位

報道の自由の擁護を目指す国際団体「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)は26日、世界167カ国の報道の自由度の順位を発表、日本は昨年と比べわずかにランクアップしたものの、先進7カ国中最低の42位だったというニュース(時事通信-10月27日)。

最上位は、デンマークやアイルランドなど北欧を中心とする欧州8カ国で、最下位はランク付け発表当初から3年連続で北朝鮮だったという。

われわれは、日本の報道を自由だと感じていないだろうか?しかし、今回の格付けでは42位。決して高い順位ではない。報道に関しては、まだまだ議論を重ねるべき点が多いであろうこと日本の現状。だが、文化的背景化から考えても、欧州の報道をすべて良しとは思えないのではないだろうか。

報道が自由になればなるほど、問題視されるのは、その真実性、また人権であろう。そして、同時に考えなければならないのは、メディアリテラシーだ。見る側の成熟なくして、自由な報道だけが先行するのは危険だと思われる。私たちのメディアに対する意識はどうだろうか。現状に問題は無いか。垂れ流しの情報を、無意識に信じ込んではいないだろうか。

そう考えると、ある意味、この42位というランク付け、納得がいくものかもしれない。

Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2004-10-27 14:26 | 社会

ドアノブに、「小指」入り小瓶

15歳の女子中学生との交際を認めてもらうために自分の小指を送り付元暴力団組員36歳が逮捕されたというニュース(時事通信-10月25日)。

岡山県の36歳元組員は、小指を送り付けたことは認めているが、「脅すつもりはなかった」と供述しているという。調べによると、この容疑者は9月29日から今月1日にかけ、自分の右手小指を入れた小瓶と「この指と代わりに娘さんと一緒にさせて下さい」などと書いた封書を、中学生の父親宅のドアノブに掛け、脅した疑い。

これを「純愛」と思う方もいるのだろうか。実際、玄関のドアノブに、人間の小指の入ったビンがかかっていたら、さてどうだろうか。ホラー映画さながらの恐怖ではないだろうか。

この15歳、今回のこの出来事をどのように感じているのかも気になる。15歳という年齢で、36歳の男性と、しかも相手が小指を切り落としてまで一緒になりたかったのか。それとも、脅迫されていたのか。そこら辺の真実は、どうだったのだろう。疑問が多く残る。

しかしながら、まったくもって稚拙な反抗だと思うが、あなたならどう思う?

Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2004-10-26 15:41 | 社会