カテゴリ:教育( 11 )

愛国心教育を・・・

国民の「国を愛する気持ち」をもっと育てる必要があるとする人が8割を超え、過去最高を記録した、というニュース(産経新聞- 4月10日)。

内閣府がまとめた「社会意識に関する世論調査」で、愛国心教育が必要だと答えた人の割合が8割を超えたことが9日分かったという。政治的には、自民、公明の与党両党に将来の教育基本法改正で「国を愛する心」を盛り込むかどうかで意見対立があるようだが、こうした論議にもなにかしらの影響を及ぼしそうだ。

このニュースによると、「国を愛する気持ちを育てる必要を感じる人は、過去最高だった前回平成16年をさらに0・5ポイント上回る80・8%」で、「『必要ない』との答えは10・4%にとどまった」という。男女とも高い年齢層に「必要」との回答が多く、70歳以上の男性では90・7%に達したらしい。


さて。
今、中国にいる私は、この「愛国心」という言葉を素直に受け入れられない。このところ、反日デモが続き、とうとう怪我人も出た。その怪我を負わせた中国人も、この反日デモの参加者も、みな「愛国心」をもって行動している。その愛国心がどのようなものであれ、国を愛していることにはかわりが無い。

暖衣飽食の時代が長く続いた日本は、その豊かさゆえに、国としての日本を、霞の向こうにある他事として捉えているのかもしれない。そう考えると、日本人の「愛国心」は、確かに薄れているともいえなくない。

国民性形成の心底に、私は教育があると思う。人格形成にすら多大なる影響を及ぼすであろう教育に、「愛国心」を盛り込む時、それはどのような姿をなすのだろう。時代は平成、決して戦時中の「愛国心」ではないが、私はこの言葉をなぜか素直に受け入れられない。

なぜなら、「国を想う気持ち」と「愛国心」は別物だと思うのだ。それは、前者が深層で息づくものであるのに対し、後者は国家が表層で作り上げるものだと考えるからだ。これらは、「文化」に相通ずるところがあるように感じる。

しかしながら、愛国心が必要だと答えた日本人が増加したことは事実。どうか、歪んだ愛国心を植え付け、洗脳することだけは避けて欲しいと切に願う。日本人は大丈夫、と安心はできない。教育とは、恐ろしいものだ。中国の現状を見て、そう思う。

わずかではあるが、憂国の情を抱かせたニュースだった。



⇒Blog Rankingに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2005-04-11 08:58 | 教育

常用漢字、増えるの?減るの?

「国語に関するさまざまな問題点を検討してきた文部科学相の諮問機関・文化審議会の国語分科会は24日、パソコンなどの急速な普及で、国民が目にする漢字が増えていることを受け、常用漢字表を含む漢字政策の抜本的な見直しが必要だとする報告書案をまとめた」というニュース(読売新聞-1月25日)。

今回の報告書案では、現代の情報化を想定せずに作られた現行の常用漢字表が、「一般社会で使用する目安」として、十分に機能しているかどうかを改めて検討する必要があると指摘している。新聞でも常用漢字表以外の漢字が少しずつ使われてきている実態を踏まえ、常用漢字表に掲載する漢字の数のほか、その位置づけについても抜本的に見直す時期に来ていると提言したという。

常用漢字の見直しを巡っては、「人名用漢字を含めるべきだ」と増加を求める意見がある一方、パソコンなどの普及で国民の書く力が低下しているとの指摘もあることから、むやみに数を増やすことに慎重論もあるようだ。

一方、報告書案では、機会が減っている漢字の手書きについても、「習得に大きく寄与し、筆順も確実に覚えられる。日本の文化としても捨ててはいけない」と、その重要性を強調したという。

そもそも、常用漢字とは何か。常用漢字とは、一般社会で使用する漢字の目安として、1981年に国語審議会が答申、告示したもので、その数1945字。ちなみに、付表には110語の漢字がある。ただし、人名などの固有名詞は対象外とされていて、人名には法務省が定めた人名用漢字がある。それらを含めると計2928字。

さて、あなたは1945文字の常用漢字を読み書きできる自信があるか。常用漢字の中で、小学6年生までに学習した教育漢字1006字ならどうだろう。漢字を毎日目にしていても、読めるとは限らず、書くとなるとなおのことだ。

携帯電話のメール、PCのメール、インターネット、テレビ等々、漢字を目にする機会はあるものの、書く機会は格段に減少した。また、辞書も電子辞書やオンライン辞書などにより、読めなくても、部首をしらなくても、調べる方法はいくらでもある。この、常用漢字の見直しは、当然の結果であろう。しかし、問題は増えるのか?減るのか?だ。いや、増減に伴う学習方法の方が重要かもしれない。

小学校時代、マス目のあるノートで書き取り練習した私たちの時代と現代は確かに異なるかもしれないが、漢字・平仮名・片仮名・ローマ字の4種類の文字を使いこなせる人種として、漢字の存在、位置づけを考える必要がある。漢字は、われわれの名前にも関わる重要な問題。漢字の増減とその習得方法の今後の展開に注目したい。

⇒Blog Rankingに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2005-01-25 21:51 | 教育

学力低下・・・「土台と家」

国際教育到達度評価学会(IEA)が03年、各国の中学2年生(46カ国・地域参加)と小学4年生(25カ国・地域)の学力を調べた国際数学・理科教育調査(TIMSS)で、世界トップレベルとされてきた日本の小4理科と中2数学の平均点が前回(小4は95年、中2は99年)から下がったことが分かった、というニュース。(毎日新聞- 12月15日)

日本人の学力低下が叫ばれて久しい。が、ここにきて、またそれを裏付ける結果が発表された。このIEAの調査結果によると、小4理科は2位から3位へ、中2数学は同じ5位でも点数が下がったとか。以前、OECD(経済協力開発機構)が行った学習到達度調査で、高1の読解力が下がったことに引き続き、また学力低下が浮き彫りになってしまった。

この件に関し、文部科学相は「二つの調査結果を見ると、我が国の子どもの成績には低下傾向が見られる。世界トップレベルとは言えない」と語った、という。文科省は国立教育政策研究所と共に両結果を分析して、授業改善策などの指導資料作りを急ぐ方針だとか。

ちなみに、前回の調査で1位だったフィンランドは今回参していないとのことだが、教科・学年でともに1位になったのは、アジアのハブと言われるシンガポール。日本の淡路島ほどの大きさの小さな国であるが、経済の発展、流通のハブ、ITの拡充、人材の育成と、シンガポールには目を見張るものがある。憎むべき日本であるが、その日本にに学べと始まったシンガポールの様々な政策。個人的にはもう越えているのではないか、と思うほどだ。

それはさておき、問題は日本の学力低下。ユトリ教育などいっている場合ではなかった、ということをむしろ裏付けた結果なのではないだろうか。詰め込み型学習には賛成しがたいが、自律学習のできないうちに多くの選択権を与えても、それは無謀というものではないかと考える。ある程度詰め込まれた知識が基礎となり、初めて自律、応用できるのだと私は思う。何もない土台に家は建たない。仮に建てられたとしても、崩壊するのは時間の問題だ。

学力だけがすべてではない。しかし、学力が下支えするものも多く存在する。今後、国はどのような土台を作るのだろうか。そして、学習者たちは、その土台にどんな家を建てるのだろうか。

私たち大人は、自分が建てて来た「土台と家」を改めて見直す必要があるように思う。

Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2004-12-17 14:09 | 教育

学力テスト復活?

11月2日、中山文部科学相は小泉首相と首相官邸で会い、子どもたちに競争意識を持たせ、全国学力テストを復活することなどを柱とする学力向上策を提示した、というニュース(共同通信 -11月3日)。

今回の学力向上策では、「世界一の学力取得を目指す」としている。2002年度に新学習指導要領の下で始まった教科内容削減などの「ゆとり教育」を転換させる内容らしい。全国規模の学力テストは、1956年度に始まったが、過度の競争を生んだため、66年度に廃止された経緯があるとニュースでは言っているが…。

過熱した受験戦争、無差別的な詰め込み教育への反省は、一体どこへ行ったのだ?そして、ゆとり教育はどうするのか?この数年間で、学習内容が異なる層が一体何層できあがればいいのだ?

文部科学省の考えていることがよくわからない。一貫性の欠如、いや、将来に対する目的や目標に対する一貫性の欠如と言った方がいいだろう。学習者である学生以上に、現場で指導する教員の負担は想像するに難くない。

同一路線での変更ではない、この学力テスト復活案。教育理念という根幹的な部分に不安定さを感じる。こんな状態だから、学生たちの質が著しく変化するのではないか?大げさに言うならば、日本人という国民性への影響が無いとも言えないのではないか。

「受験戦争」「ゆとり教育」、それぞれの反省点とは、一体どのようなものなのだろうか。日本経済のように不安定な教育方針である。一体、教育とは、何なのだろう。

Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2004-11-03 21:45 | 教育

第2外国語としての中国語と韓国語計画廃止

2005年度から市立中学校で中国語と韓国語を教える構造改革特区を国に申請していた京都府京丹後市は、反対が多く生徒の負担も大きいなどとして、申請を取り下げたことが分かったというニュース(共同通信-10月27日)。

京丹後市は日本海に面し、古代に大陸との交易で栄えた歴史を踏まえ、国際理解教育の一環として、市内4校程度で英語に次ぐ第二外国語に中国語と韓国語の授業導入を計画していた。

しかし、今月8日付で特区認定を申請し計画発表をした後、電子メールなどで「日本語や英語の学力が十分でないのに、第2外国語は負担が大きい」「韓国語は国際的なコミュニケーション言語として利用度が低い」などの反対意見が殺到したという。中には「中国、韓国は嫌い」という感情的な意見もあり、賛成の声はほとんど寄せられなかったという。

さて、いかがか。現在、世界の共通語として英語は必須科目になりつつある。いや、なっているといった方が正しいかもしれない。ここ中国でも、外国語=英語の意識が非常に高い。日本語学習者は減少傾向にある。では、第2外国語の定義とは?

そもそも日本人は、「日本語」を学習しない。「国語」を習う。そして、外国語としての英語を学習する。これは、第1外国語だ。しかし、英語を学習しても実際に使用できる人はそう多くなく、また、理解語彙や使用語彙は本当にわずかではなかろうか。その中での第2外国語。確かにこれらの言語学習に対する負担は大きく、国際的コミュニケーションとしての利用度も低い。が、上記の通り、英語も満足に話せない学習者が多いのも現実。

外国語学習は英語だけでいいのか?英語がすべてか?受験のために学習するのか?いったい第2外国語とは何だ?私も英語が不得意だ。もっと勉強すべきだったと反省しきりだ。しかし、他の言語という選択肢があったらどうだったのだろうか?

第2外国語自体を使用する頻度の低い日本において、英語をはじめとする言語学習の意味を今一度問うべきではないだろうか。国際理解教育は、何も外国人に会うことや英語学習だけではないはずだ。文化と言葉の密接性を考え、言語学習、国際理解教育の意義を改めて見つめ直したい。

Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2004-10-27 14:09 | 教育

教員免許の抜本見直し

「中山文部科学相は16日、中央教育審議会に対し、教員の適格性を確保するため、教員免許制度の抜本的な見直しについて近く諮問することを決めた」というニュース(共同通信  10月17日)。

これまでの教員免許とは異なり、有効期限を設けて更新時に適格性を審査するという「免許更新制」の導入のほかに、大学教職課程で免許授与する際にも適格性を考慮するなどの内容が盛り込まれる予定だそうだ。

高い専門性を備えた教員を養成するために、専門職大学院制度を教員養成に活用することもテーマとするよう求める、とニュースにあったが、高い専門性とは具体的にどのようなことを指すのか、具体的に知りたい。教員側だけに問題があるような見直し制度。教員を採用する側にも多く問題を抱えているように思うのは私だけか。

心に残る先生は、どのような高い専門性を持っていたのだろう。今後1年以内に新たな動きがあるだろうが、教員の適格性を確保するとともに、その教員を採用するお偉い様方の適格性についてもぜひ見直し、ご検討いただきたいものだ。

よろしくお願いいたします→Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2004-10-17 22:56 | 教育

運動会での親の飲酒

運動会で飲酒についての記事があった。
私たちの時代の運動会は、会場にブルーシートを広げ、親たちは楽しく宴に興じていた記憶がある。しかし、その記事には、「やっぱりノーが大勢…記者コラムに反響」とあり、運動会での親の飲酒には反対の声が多かったとのことだ。割合は、3対1で反対派が多く、「教育活動の場に酒は論外」という禁酒派が、容認派を圧倒しているらしい。

反対意見の中には、「ビール片手に授業参観をする方はいない」、「子どもたちが頑張っている目の前で、宴会のごとく飲酒している保護者はとても不愉快だ」というものがある。確かに、運動会は授業の一環であると考えれば、飲酒は論外であろう。

容認派のでは「臭い物にふたをする教育はよくない」、「飲酒もしっかりと親、学校が常識ある考えを持ってしつけをすれば問題ない」とメールもあったとのこと。

私は飲酒を好んでする方ではないので、どちらでも構わないが、結局はマナーの問題なのではないだろうか。ちなみに、文科省は、「地域によって運動会の事情は違うので、一概には言えない」との立場だそうだ。

あなたは、反対派、容認派のどちらだろうか?

↓今日もポチいただけるとがんばれます
Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2004-10-15 16:20 | 教育

英検、新試験導入?

英検は、英ケンブリッジ大と提携し、来月からビジネス向けの新試験を開始するという。これまで不評だった1級~5級までの資格試験とは異なり、TOEICと同じ得点方式を採用するとのこと。だた、TOEICは990点満点に対し、英検は100点満点で判定するという。来年以降は、TOEICでは測りにくい話す力や書く力をテストすることも計画しているとのこと。

英検と言えば、学生時代に受ける英語の試験というイメージが強い。もちろん、社会人の受験者も多いのだろうが。しかしながら、このところTOEICに大きく水をあけられていたのも事実。英検は後に消えてなくなるとまで噂されていたが、今回の新試験が果たしてどこまで浸透するだろうか。

国内向け英語試験のままでは、未来はそう明るくないのでは。世界に通じる資格試験として、世に認識されることを祈る。

↓今日もポチのほどよろしくお願いします
Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2004-09-19 13:44 | 教育

「レイプするぞ」 小学校教諭の落書き

教え子をひぼうする落書きをしたとして、三重県の小学校教諭が逮捕された(6月12日・朝日)。

この教諭、6年生の女子児童の自宅の車に「レイプするぞ」と落書きをしたり、学校近くのガードレールに「エンコした」(援助交際)などと嘘の落書きをしたという。

この小学校教諭が担任をしていた時に、何人かの生徒をゲームセンターに誘ったが、落書きされた女子児童だけはその誘いに乗らなかったと記事にはある。

まったく呆れて物がいえない。こういう教員がいるが為に、どれだけ多くの先生が迷惑するのだろうか。

しかしながら、一方で、このように逮捕される先生は氷山の一角で、まだまだ表沙汰にならない多くの問題教師がいるのではないと不安にもなる。

市教育長は「まじめな先生だと聞いていた」と話しているというのだから、まじめな先生とはどういう先生なのか?子どもたちに示しがつかないだろう。

↓今日もポチいただけると励みになります
Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2004-06-14 12:33 | 教育

佐世保の事件後、担任授業できず

事件後、担任教諭が授業をできず、学校を休んだという報道。

事件当時の担任は精神的ショックが大きく、臨床心理士のカウンセリングを受けていたとのこと。また、殺害された女子生徒が5年生だった時の担任教諭の動揺も激しく、他の教職員も体調不良を訴えたり、自責の念にかられている教職員もいるという。

これをどのように思うか、捉えるか?批判的な意見が多いのではないかと想像するが、いかがだろう。

当事者でも関係者でもない人は、ある意味無責任に発言できるのだと思う。私も例外にもれずそうだ。だから、この担任教諭を社会的役割から考え、責めたてることも可能だ。「児童は他にもたくさんいるんだ、授業をすべきだ」「先生なら学校を休むなんて無責任だ」、いろいろな声がある。

しかし、どうだ?健全な精神状態ではなくなってしまった状態で、授業を行うことの方が望ましいのか。それとも、精神的ショックを受けてしまったこと自体を否定するのか。教員として失格の烙印を押すのか。「責任感が強いなら最後まで向き合えるはずだ」「責任感が強すぎて自責の念に押しつぶされることもある」、同じ責任感をそなえていても、そのあとの結果は一様ではない。

この教員を擁護するわけではない。事件が起こったのも事実であり、それに対処していくのは残念ながら関係者であり、大人としての責任でもあると思うからだ。どのような出来事でも同じように、当事者、関係者は辛く悲しい想いの中、現実と向き合わなければならないと思う。ただ、関係者はこの担任だけではなく、多くの人がかかわっているはず。授業ができないことをただ責めるのではなく、関係者やマスコミ、延いては、われわれがこのような現実を受け入れていく必要性を感じる。

正論は時に強者が振りかざす剣の如く映る。当事者ではない者がやたらむやみにその剣を振りかざす必要も権利もないと思うのは私だけだろうか。

↓本日もよろしくお願い致します。
Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2004-06-07 13:55 | 教育