<   2005年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

中国語拡大作戦

中国語、1億人に普及へ、というニュース(時事通信-1月26日)。

中国政府は、中国語を本格的に海外へ普及させ、世界との懸け橋にしようという「漢語橋5カ年行動プロジェクト」を認可したというニュースを、先日ネットニュースで見つけた。今後数年以内に中国語専門学校「孔子学院」を世界に100校設立する構想を打ち出し、海外の中国語学習者を現在の約3000万人から、北京五輪直前の2007年までに3倍以上の1億人に拡大させる計画だという。

中国は言うまでもなく今急速な経済発展をしている。昨年のGDPも目標の7%を超え、9.5%だったころからも、中国のある種の勢いを感じずにはいられない。中国にいると、その活気にも近い人々のエネルギーを感じる。

そして、今回のこのニュース。現在、日本など各国で中国語ブームが起きている。中国政府としても、世界に中国語を浸透させることで、中国の存在感を高めようという国家戦略があるようだ。実は、言語の普及とは恐ろしくもある。言語はコミュニケーションのツールとして有効であるだけではなく、実はその言語の文化を知らず知らず吸収していくからだ。

言語は、文化を下支えに経済も発展させる力があると思う。中国は経済の発展と共に、言語の普及による文化の進出も脅威となるのかもしれない。隣国の中国が本当に力をつけたそのとき、日本はどうなるのだろう。日本に帰ってきて、今の日本に本当に不安を感じる毎日だ。

⇒Blog Rankingに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2005-01-29 19:57 | 中国

常用漢字、増えるの?減るの?

「国語に関するさまざまな問題点を検討してきた文部科学相の諮問機関・文化審議会の国語分科会は24日、パソコンなどの急速な普及で、国民が目にする漢字が増えていることを受け、常用漢字表を含む漢字政策の抜本的な見直しが必要だとする報告書案をまとめた」というニュース(読売新聞-1月25日)。

今回の報告書案では、現代の情報化を想定せずに作られた現行の常用漢字表が、「一般社会で使用する目安」として、十分に機能しているかどうかを改めて検討する必要があると指摘している。新聞でも常用漢字表以外の漢字が少しずつ使われてきている実態を踏まえ、常用漢字表に掲載する漢字の数のほか、その位置づけについても抜本的に見直す時期に来ていると提言したという。

常用漢字の見直しを巡っては、「人名用漢字を含めるべきだ」と増加を求める意見がある一方、パソコンなどの普及で国民の書く力が低下しているとの指摘もあることから、むやみに数を増やすことに慎重論もあるようだ。

一方、報告書案では、機会が減っている漢字の手書きについても、「習得に大きく寄与し、筆順も確実に覚えられる。日本の文化としても捨ててはいけない」と、その重要性を強調したという。

そもそも、常用漢字とは何か。常用漢字とは、一般社会で使用する漢字の目安として、1981年に国語審議会が答申、告示したもので、その数1945字。ちなみに、付表には110語の漢字がある。ただし、人名などの固有名詞は対象外とされていて、人名には法務省が定めた人名用漢字がある。それらを含めると計2928字。

さて、あなたは1945文字の常用漢字を読み書きできる自信があるか。常用漢字の中で、小学6年生までに学習した教育漢字1006字ならどうだろう。漢字を毎日目にしていても、読めるとは限らず、書くとなるとなおのことだ。

携帯電話のメール、PCのメール、インターネット、テレビ等々、漢字を目にする機会はあるものの、書く機会は格段に減少した。また、辞書も電子辞書やオンライン辞書などにより、読めなくても、部首をしらなくても、調べる方法はいくらでもある。この、常用漢字の見直しは、当然の結果であろう。しかし、問題は増えるのか?減るのか?だ。いや、増減に伴う学習方法の方が重要かもしれない。

小学校時代、マス目のあるノートで書き取り練習した私たちの時代と現代は確かに異なるかもしれないが、漢字・平仮名・片仮名・ローマ字の4種類の文字を使いこなせる人種として、漢字の存在、位置づけを考える必要がある。漢字は、われわれの名前にも関わる重要な問題。漢字の増減とその習得方法の今後の展開に注目したい。

⇒Blog Rankingに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2005-01-25 21:51 | 教育

リピーター増へ新目標-外国人客来訪促進へ計画案-

「また来たい割合」、80%に目標設定というニュース(毎日新聞-1月14日)。

これは、北海道のニュース。このニュースによると、高橋はるみ知事の諮問機関「道観光審議会」は、外国人観光客の来道を促すための「北海道来道外客来訪促進計画案」をまとめたという。観光は冷え切っている道内経済の活性化につながる産業だとして、「また北海道に来たいと思う観光客の割合」を80%に設定し、リピーター客の増加を目指すという。

北海道を訪れた外国人観光客は毎年増加しているうようで、昨年度は約29万人だったとか。現行計画の目標であった20万人を大きく上回った数字ではあるが、2002年にまとめた「観光のくにづくり行動計画」では、目標とする外国人観光客数54万人。まだまだ目標へ達成は遠い。そして、観光客が「サービスに満足した」と感じた割合を80%とし、目標達成のためのリピーター確保に重点を置いたようだ。

北海道が2004年実施した調査によると、台湾や香港など4地域から訪れた観光客の20~30%がリピーターだったという。また、答申案は、外国語に対応できるホームページの充実、観光産業従事者への外国人接遇研修、東アジアを中心とした観光プロモーション活動の展開などなどの具体策を提言しているとのことだ。

今年も大学生の就職率が、北海道は他の地域より非常に低かったことからも、北海道経済が未だ停滞状態であることがうかがえる。北海道は札幌以外で観光客を集客するには、どうしても自然や温泉、食事などがメインになるように思う。その中で、外国人観光客をどこにどのように集客していくのだろうか。

以前、宿泊した温泉旅館では従業員が言ってた。「本当に台湾や香港のお客さんがおおいんですよー」と。しかし、その後こうも言った。「でも、向こうの人は、お金を落としていかないんです」と。これは、別に財布を落とすわけではない。お土産や飲食など、別のものにお金をほとんど使わない、という意味だ。

集客あっての観光客。80%の人に満足してもらえる代わりに、やはりその地域で何かお土産を買ってくれるようなそんな環境も必要ではないか。私は道民なので、ぜひ多くの人に来てほしいと思う。

道観光審議会の今回の案に、より地域の活性化が促進するような計画を作り、実行していただきたい、と心から願う。

⇒Blog Rankingに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2005-01-15 12:47 | 社会

頑張れ!ツナミちゃん

インド洋大津波で両親を亡くし、タイ・プーケット島の公園に放置されていた男の赤ちゃん「ツナミちゃん」が、タイ王室に引き取られることになったというニュース(毎日新聞-1月13日)。

津波から3日後、プーケット島中心部にある「ラマ9世公園」に、生後2週間ほどの男の赤ちゃんが捨てられているのを、通りがかった人が見つけ病院に連れて行った。そして、この赤ちゃんは、津波とともにやってきたということで、「Tsunami(ツナミ)」ちゃんと名付けられ、病院ですくすくと育っているようだ。発見時、このツナミちゃんは産着姿で、そこには、「両親が津波で亡くなったので、誰か育てて下さい」と書かれていた手紙が添えられていたという。

津波による遺児は、被災国に多くいるが、このプーケットのツナミちゃんは、地元新聞がツナミちゃんの記事を掲載したことからタイ王室の目にとまり、病院に「引き取って育てる」と連絡があったという。

これを不公平だと思うか否か。賛否両論ではないかと想像する。しかし、私はこの記事を読んで、心から「頑張れ、ツナミちゃん」と思った。もともとタイ王室は福祉活動に積極的のようで、今回の津波でも被害の大きかった県などに宿舎付きの学校を作り、孤児たちを引き取ることを計画しているらしい。タイ王室に限らず、このような動きが広がることを祈る。と同時に、このツナミちゃん同様、一人でも多くの遺児が、少しでも幸せに暮らせる環境に恵まれることを心から祈るばかりだ。

頑張れ!ツナミちゃん!

⇒Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2005-01-13 13:37 | 社会

ネズミが2カ国語を区別?

大型ネズミのラットは、話し言葉のリズムやイントネーションの違いから、日本語とオランダ語をある程度区別できることが分かったというニュース(共同通信 - 1月11日)。

スペインの研究チームが10日までに、米心理学会発行の実験心理学専門誌に発表したもので、人間と猿以外の動物が言語を識別できることを立証した結果だ。

同学会によると、このように言語を区別する能力が確認された哺乳類は、人間と猿以外ではラットが初めてとのこと。チームは、実際の言語能力が発達するかなり前に、動物がその土台となる能力の一部を獲得していることを示す結果だとしている。

実験は計64匹の雄ラットを4つのグループに分け、まず日本語かオランダ語か、いずれかの文章を聞いた時にレバーを押すように訓練。その後、さまざまな条件で人の声や合成音声で日本語とオランダ語の文章を聞かせた結果、同じ声で読まれた時には日本語とオランダ語を区別して、レバーを正しく押すことができるとの結果が出たという。

もしかすると、ねずみだけではないのかもしれない。そう思うのは、無知の故の発想かもしれないが、非常に興味深いニュースだ。われわれ人間の言語習得仮説にも様々なものがある。人間の言語習得の初期段階はもちろん子供であるが、その子供がどのように言語を習得していくのか、言語習得というのは先天的なのか、後天的なのか、などなど調べると以外に面白い。

また、第二言語習得に関しても同様に多くの仮説がある。臨界期以前の第二言語習得過程と、我々のような大人のそれとは大きく異なること、また外国人が習得する第二言語と、その第二言語を母語とする子供の言語習得過程にも差異があり、これも面白い。たとえば、日本語の指示詞(こそあど)の研究では、外国人は「これ・それ」を先に習得するが、日本語母語話者の幼児は「あれ」を先に習得するなど。ちなみに、この「こそあど」、日本人の子供が「あれ」を先に習得できるのは、「あ」という指示詞が、もの以外の事柄を指すとき(たとえば昨日教えた「あの」話)、聞き手と話し手の間に、共通の認識が必要になり、子供は母親と多くの共通話題、認識等が存在するからだ。これが、共通文化を背景必要とする話題だった場合、外国人が「あ」を上手に使用できないのも頷けるのである。

ちょっと話が逸れたが、人間における母語の言語習得過程、第二言語習得過程に続き、今後、動物における習得過程の研究も盛んになっていくのだろうか。いや、私が無知なだけで、もうすでに盛んに行われてるのかもしれない。言語習得過程が明らかになると、「バウリンガル」などの商品もより高性能になるに違いない。私の愛猫も、飼い主の言語を習得し、識別できているのだろうか。少し気になる。

ここ中国で中国語を習得できない私の目下のライバルは、ラットになりそうだ。ちょっぴり悲しい。

⇒Blog Ranking
[PR]
by neko_tin_neko_tin | 2005-01-11 12:21 | 社会