甘すぎる医師の業務停止

わいせつ・覚せい剤…業務停止医師の7割が現場復帰(読売新聞-11月11日)。

医師の業務停止、そして現場復帰はこれほど甘くていいのか。公共性が高く、また人命を預かる身である医師の信頼性にも関わる問題だ。

ニュースによると、「2002年度までの5年間に医療事故や不正行為で業務停止の行政処分を受けた医師114人のうち、約7割の80人が、業務停止期間の終了後、医師として医療現場に復帰していた」ことがわかったという。

現行制度では、処分期間が過ぎれば、医師は再教育を受けることなく、そのまま医業に復帰できるらしい。医療事故の多発や、ミス・不正を繰り返す「リピーター医師」の社会問題化を受け、厚生労働省は来年度から再教育制度を試験的に始める予定だとか。

この行政処分を受けた114人のうち、医療事故を起こして業務上過失致死・傷害罪が確定したのは13人で、このうち12人が病院や診療所などの現場に復帰。わいせつ罪では13人中全員が、覚せい剤取締法違反では7人中6人が医師として再び働いていたというのだから、開いた口がふさがらない。

医療ミスや事故に関してはさておき、不正やわいせつ、覚せい剤で逮捕された場合は、医師免許剥奪くらいの厳重な処罰を願いたいものだ。政治家か医者くらい、犯罪を犯しても社会復帰が容易な職業はないのではないか、と思わされる。まじめに働く医者は大迷惑な話だ。

権力と金のうごめく世界は、全くもって理解不能だ。

Blog Ranking
[PR]
# by neko_tin_neko_tin | 2004-11-12 15:56 | 社会

命の選択-学会除名の医師-

受精卵の段階で遺伝性疾患の有無などを調べる着床前診断を日本産科婦人科学会に無断で実施し、4月に同学会を除名された大谷産婦人科(神戸市)の大谷徹郎院長が、新たに15組の夫婦に同診断を実施していたことが5日、分かった。(時事通信-11月5日)

このニュース、除名された医師が行ったことについて問題にしたいわけではない。問題は、この、着床前診断についてだ。着床前診断は、体外受精卵の細胞の一部を採取してDNAや染色体を調べる方法で、染色体の異常を事前に見つけられる。そのため、流産や人工妊娠中絶を防止できる一方、「命の選択」につながるとの批判もある、とニュースにはある。

さて、どう思う。意見は分極化するだろう。命という観点から見ると、その命を振り分け、不要なものを排除するというこの手法は、不届き千万、以ての外だろう。しかし、同じ命の視点から見たときに、流産を防ぎ、母体への安全性を高めるとしたら、どうだ。出産のためなら、母は死を選ぶべきか。少し飛躍した発想だが、このように考えることも不可能ではない。

出産は、やはり女性にとって非常に大きな問題だと思う。私はまだ出産経験が無い。だから、この着床前診断について、一概に否定できない。なぜなら、自分がもし、検診で流産の恐れが99パーセントといわれた時、どうするか。それは、想像の域を出ないからだ。

頭で理解できることと、心で判断できることのギャップを、現在、母という体験をしていない私には埋めることができない。そして、この自分に選択権を与えられる着床前診断について、あまりに恐ろしく、賛成とも反対ともいえない。

私はものの是非を問いたいのではない。ただ、母の立場、未婚の立場、出産未経験の立場、いろいろな立場で、そして色々な女性の中で意見が対立する問題だと思ったのだ。今日のニュースを読みながら、なんとも複雑な気持ちになった。

Blog Ranking
[PR]
# by neko_tin_neko_tin | 2004-11-05 22:04 | 社会

学力テスト復活?

11月2日、中山文部科学相は小泉首相と首相官邸で会い、子どもたちに競争意識を持たせ、全国学力テストを復活することなどを柱とする学力向上策を提示した、というニュース(共同通信 -11月3日)。

今回の学力向上策では、「世界一の学力取得を目指す」としている。2002年度に新学習指導要領の下で始まった教科内容削減などの「ゆとり教育」を転換させる内容らしい。全国規模の学力テストは、1956年度に始まったが、過度の競争を生んだため、66年度に廃止された経緯があるとニュースでは言っているが…。

過熱した受験戦争、無差別的な詰め込み教育への反省は、一体どこへ行ったのだ?そして、ゆとり教育はどうするのか?この数年間で、学習内容が異なる層が一体何層できあがればいいのだ?

文部科学省の考えていることがよくわからない。一貫性の欠如、いや、将来に対する目的や目標に対する一貫性の欠如と言った方がいいだろう。学習者である学生以上に、現場で指導する教員の負担は想像するに難くない。

同一路線での変更ではない、この学力テスト復活案。教育理念という根幹的な部分に不安定さを感じる。こんな状態だから、学生たちの質が著しく変化するのではないか?大げさに言うならば、日本人という国民性への影響が無いとも言えないのではないか。

「受験戦争」「ゆとり教育」、それぞれの反省点とは、一体どのようなものなのだろうか。日本経済のように不安定な教育方針である。一体、教育とは、何なのだろう。

Blog Ranking
[PR]
# by neko_tin_neko_tin | 2004-11-03 21:45 | 教育

新潟地震義援金箱盗まれる

震災オレオレ詐欺に続き、今度は義援金箱が盗まれたというニュース(共同通信-10月28)。

28日午前4時45分ごろ、埼玉県春日部市粕壁の「デイリーヤマザキ春日部駅東口店」で、客を装った若い男がレジカウンターにあった現金約5000円入りの募金箱を盗んで逃げたという。募金箱は27日から新潟県中越地震の義援金用に置いてあったとのこと。

春日部署が窃盗事件として調べているが、男は20歳前後で白と黒のチェックのセーターを着て、仲間とみられるほかの男女数人と来店していたようだ。本を立ち読みしている仲間とともに店員のすきをうかがい、募金箱を盗んだらしい。約2時間後、募金箱がなくなっているのに店員が気付き110番したが、その時にはすでに犯人は逃走。

なぜだろう。日本人の心の貧しさか。貧困で食うものも食われないという人間の犯行ならまだしも、仲間とともにその義援金箱を盗むなんて不届千万。実際のところはわからないが、遊ぶ金欲しさの犯行ではないかと想像する。あのニュースを見て、何も感じないのだろうか?同じ日本人として、怒りと同時に悲しさを覚える。

一日も早い復興を祈ると同時に、この手の犯行がもうこれ以上繰り返されないことを願うばかりだ。本当に遺憾だ。

Blog Ranking
[PR]
# by neko_tin_neko_tin | 2004-10-28 19:22 | 社会

ブタがジャンプで世界記録

三重県阿山町の農事組合法人「伊賀の里モクモク手作りファーム」のミニブタ「小鉄」(雄、1歳9カ月)が高跳びで70センチを達成し、来年発行されるギネスブックに掲載されることがこのほど決まったというニュース (共同通信-10月28日)。

記録達成は8月下旬だったとのこと。同ファームがジャンプの瞬間をビデオで撮影し、イギリスはロンドンのギネスブックの発行元に送り、世界記録と認定されたそうだ。今月28日の練習では74センチも跳んだらしい。

ミニブタはペット用に品種改良された小型のブタで、同法人によると、ブタはどの種も脂肪が多く機敏な動きが苦手だが、小鉄は生後半年で約40センチの小屋の壁を乗り越えた天才肌とのこと。1日30分のジャンプ練習と食事制限で鍛え、ウエストは同年代のミニブタより30センチも細くなったとか。

こんなご時世にあって、なんともほのぼのとした、ちょっと笑えるニュースだ。他のブタさんより30㎝もウエストが細い「小鉄」。人間にのダイエットを「まだまだだな」っと笑っていそうだ。

最近鈍った体が重い。子鉄ほど飛べない人間の私がここにいる。子豚に負けぬよう、ちょっと体を動かさなければならないと感じたニュース。

Blog Ranking
[PR]
# by neko_tin_neko_tin | 2004-10-28 19:08 | 暮し

報道の自由度42位

報道の自由の擁護を目指す国際団体「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)は26日、世界167カ国の報道の自由度の順位を発表、日本は昨年と比べわずかにランクアップしたものの、先進7カ国中最低の42位だったというニュース(時事通信-10月27日)。

最上位は、デンマークやアイルランドなど北欧を中心とする欧州8カ国で、最下位はランク付け発表当初から3年連続で北朝鮮だったという。

われわれは、日本の報道を自由だと感じていないだろうか?しかし、今回の格付けでは42位。決して高い順位ではない。報道に関しては、まだまだ議論を重ねるべき点が多いであろうこと日本の現状。だが、文化的背景化から考えても、欧州の報道をすべて良しとは思えないのではないだろうか。

報道が自由になればなるほど、問題視されるのは、その真実性、また人権であろう。そして、同時に考えなければならないのは、メディアリテラシーだ。見る側の成熟なくして、自由な報道だけが先行するのは危険だと思われる。私たちのメディアに対する意識はどうだろうか。現状に問題は無いか。垂れ流しの情報を、無意識に信じ込んではいないだろうか。

そう考えると、ある意味、この42位というランク付け、納得がいくものかもしれない。

Blog Ranking
[PR]
# by neko_tin_neko_tin | 2004-10-27 14:26 | 社会

第2外国語としての中国語と韓国語計画廃止

2005年度から市立中学校で中国語と韓国語を教える構造改革特区を国に申請していた京都府京丹後市は、反対が多く生徒の負担も大きいなどとして、申請を取り下げたことが分かったというニュース(共同通信-10月27日)。

京丹後市は日本海に面し、古代に大陸との交易で栄えた歴史を踏まえ、国際理解教育の一環として、市内4校程度で英語に次ぐ第二外国語に中国語と韓国語の授業導入を計画していた。

しかし、今月8日付で特区認定を申請し計画発表をした後、電子メールなどで「日本語や英語の学力が十分でないのに、第2外国語は負担が大きい」「韓国語は国際的なコミュニケーション言語として利用度が低い」などの反対意見が殺到したという。中には「中国、韓国は嫌い」という感情的な意見もあり、賛成の声はほとんど寄せられなかったという。

さて、いかがか。現在、世界の共通語として英語は必須科目になりつつある。いや、なっているといった方が正しいかもしれない。ここ中国でも、外国語=英語の意識が非常に高い。日本語学習者は減少傾向にある。では、第2外国語の定義とは?

そもそも日本人は、「日本語」を学習しない。「国語」を習う。そして、外国語としての英語を学習する。これは、第1外国語だ。しかし、英語を学習しても実際に使用できる人はそう多くなく、また、理解語彙や使用語彙は本当にわずかではなかろうか。その中での第2外国語。確かにこれらの言語学習に対する負担は大きく、国際的コミュニケーションとしての利用度も低い。が、上記の通り、英語も満足に話せない学習者が多いのも現実。

外国語学習は英語だけでいいのか?英語がすべてか?受験のために学習するのか?いったい第2外国語とは何だ?私も英語が不得意だ。もっと勉強すべきだったと反省しきりだ。しかし、他の言語という選択肢があったらどうだったのだろうか?

第2外国語自体を使用する頻度の低い日本において、英語をはじめとする言語学習の意味を今一度問うべきではないだろうか。国際理解教育は、何も外国人に会うことや英語学習だけではないはずだ。文化と言葉の密接性を考え、言語学習、国際理解教育の意義を改めて見つめ直したい。

Blog Ranking
[PR]
# by neko_tin_neko_tin | 2004-10-27 14:09 | 教育

ドアノブに、「小指」入り小瓶

15歳の女子中学生との交際を認めてもらうために自分の小指を送り付元暴力団組員36歳が逮捕されたというニュース(時事通信-10月25日)。

岡山県の36歳元組員は、小指を送り付けたことは認めているが、「脅すつもりはなかった」と供述しているという。調べによると、この容疑者は9月29日から今月1日にかけ、自分の右手小指を入れた小瓶と「この指と代わりに娘さんと一緒にさせて下さい」などと書いた封書を、中学生の父親宅のドアノブに掛け、脅した疑い。

これを「純愛」と思う方もいるのだろうか。実際、玄関のドアノブに、人間の小指の入ったビンがかかっていたら、さてどうだろうか。ホラー映画さながらの恐怖ではないだろうか。

この15歳、今回のこの出来事をどのように感じているのかも気になる。15歳という年齢で、36歳の男性と、しかも相手が小指を切り落としてまで一緒になりたかったのか。それとも、脅迫されていたのか。そこら辺の真実は、どうだったのだろう。疑問が多く残る。

しかしながら、まったくもって稚拙な反抗だと思うが、あなたならどう思う?

Blog Ranking
[PR]
# by neko_tin_neko_tin | 2004-10-26 15:41 | 社会

怒心頭、震災おれおれ詐欺

安否情報を悪用し、被災者へ送金装う電話があったという話(読売新聞-10月26日)。

怒り心頭である。新潟県中越地震の被災者に安否を連絡するよう伝えるテレビ番組を悪用したとみられる「おれおれ詐欺」が、東京都江戸川区内であったことが26日わかったという。

NHKの番組で新潟県内の親族に連絡を求めていた同区の女性宅に、25日午後0時半ごろ、男の声で「被災者をまとめ、振り込みの依頼をしたり、お金を下ろして届けたりしている。(女性の親族が)お金を必要としているので振り込んでほしい」と電話があったというのだ。女性がこのことを不審に感じ、「どこの方ですか」などと聞くと、「消防です」と答え、電話を切ったとのことで、女性が近くの同消防署へ出向いて相談し、振り込みをやめたそうだ。よって、実害が無く済んだから良かったものの、それにしてもひどい話だ。

テレビで被災地や被災者を見て、金を騙し取ろうなどと考えること自体信じられない。親族の心配する気持ちを利用する下劣で卑劣な犯罪。未遂で終わったにせよ、その行為自体に相当の酬いがあって然るべき。本当にボランティアをしている人にも非常に失礼なはなしである。

怒りが収まらない。

Blog Ranking
[PR]
# by neko_tin_neko_tin | 2004-10-26 15:11 | 社会

災害へ対する意識の強化

「台風23号で堤防が決壊し、市街地が大規模に冠水した兵庫県豊岡市に23日、同県立舞子高校環境防災科(神戸市垂水区)の生徒らがボランティアとして駆け付け、床上浸水した施設の清掃や後片付けに奮闘した。」(10月23日共同通信より)

震災で生まれた環境防災科。この科は、1995年の阪神大震災の経験を踏まえ、実践的な防災知識を学べる全国初のコースとして、兵庫県が2002年4月に開設したものだそうだ。生徒らは「少しでも被災地の役に立ちたい」と張り切っていたとのこと。

今、日本は異常な状態にあると言っても過言ではないだろう。昨日も新潟中越地震が起きたばかりだ。去年、今年と大型台風が立て続き上陸し、現在もなお24号が接近している。

震災、災害等が頻繁に起きるようになった昨今、上記の環境防災科ものようなコースを新たに開設し、即時に活動できる、そして確実に対処できる人材の養成が不可欠になりつつあるのかもしれない。被災者への適格かつ敏速な対応、心身のケア、復旧活動への協力等のできる人材である。

われわれもボランティア活動への参加と同時に、災害へ対する意識を強化し、日ごろの対策・準備等を怠ってはならない時代になってきたのだろう。今回の地震等でお亡くなりになった方々、そしてご家族へ、心よりご冥福をお祈り申し上げます。1日も早い復旧を祈りつつ…。

Blog Ranking
[PR]
# by neko_tin_neko_tin | 2004-10-24 20:10 | 暮し